黄色のタペストリーが目をひく常盤町本店 駐車場も広々としている

北見市を中心に、北海道内に5店舗展開しているカレー専門店「カレーのちから」。北見市内でカレーといえば、カレーのちからを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そんな人気店、カレーのちからの魅力について本店店長 斉藤理基(りき)さんにお話を伺ってきました。

カレーのちからについて

――新店舗が続々オープンしています。そもそもカレーのちからが北見にオープンした経緯を教えてください。

カレーのちからは、就労継続支援A型事業所(※筆者注:障がいや難病のある方が、雇用契約を結んだうえで一定の支援がある職場で働くことができる福祉サービス)です。2019年9月現在、全店舗合わせて36名の利用者さんが働いています。

社長の宮田力が知人から「北見で飲食のA型事業所が求められている」という話を聞き、カレー専門店を開くことを決めました。実は、宮田は飲食業も福祉も経験がないところから始めたんです。

2013年に第1号店となる北見市常盤町本店をオープンしました。現在では北見市内に3店舗、美幌町に1店舗、千歳市に1店舗を展開しています。直営店とフランチャイズ両方の店舗形態があります。千歳店以外のメニューは、基本的に同じです。

タマネギ産地北見ならではカレーの味を

開放的な店内。カウンターもあり一人でも入りやすい

――こちらで食べられるメニューについて教えてください。

カレールーは、北見産のタマネギをふんだんに使った北見たまねぎルー、ベーシックなちからルー、牛すじを煮込んだ牛すじルー、ひき肉たっぷりのキーマルーの4種類から選べます。

お好みで選んでいただけるトッピングは、カツやハンバーグ、やさい、チーズなど幅広くそろえています。一番人気はなんといってもカツですね。カツカレーはなじみのあるメニューのためか、多くの方が注文されます。

北見以外からいらしたお客さまは、北見たまねぎルーを使用したメニューを注文する方が多いです。北見ならではのメニューですので。常連の方からは、ちからルーを使用したカレーも人気です。手ごろな価格ということもあって、リピートしてくださっています。

――北見市は国内生産量の2割を占める全国一のタマネギ生産地です。カレーのちからでは、ふんだんにタマネギを使ったメニューが目を引きます。

タマネギをメインに使ったメニューは、創業から数年経ってからできたものです。もともとカレーのルーに炒めタマネギは使っていましたが、どんどんと従業員の腕も上がってきたので徹底的にタマネギを炒めて作ってみようと。

ちょうどその頃、北見らしいメニューを取り入れてはどうか、というアドバイスをいただいたこともあり、北見の名産品であるタマネギを前面に押し出したカレーを作ることにしました。

蒸しタマネギ、フライドオニオン、ルーの中の炒めタマネギと、3種のタマネギの味を楽しめる「北見たまねぎまるごとカレー」

水も油も入れずに約9時間、タマネギだけを手作業で真っ黒になるまで炒めます。炒めている間にどんどん粘り気が出てきて、熱さでタマネギが突沸してくる危険な作業でもあります。

実は、数十人いる従業員の中でこの作業ができるのは数人なんです。それほどテクニックを要しています。作る量が限られるため、カレーのちからグループでどれくらいのカレーを提供できるかは、この炒めタマネギの作業にかかっています。

ルー以外にタマネギを使ったものとして、フライドオニオンとタマネギを丸ごと1個蒸したものをトッピングしたメニューがあります。その両方が乗っている「北見まるごとたまねぎカレー」は、見栄えもよいので観光客の方には特に人気です。

ファミリーにも人気のカレーのちから

ファミリー層も多いため小さな子どものいる家族に嬉しいサービスも

――カレーのちからを利用されるお客さまはどのような方々なのでしょうか。

平日と週末でがらっと客層が変わります。平日は、仕事の休憩にいらっしゃる方が多いです。短時間でさっと食べられので、よいのではないでしょうか。いつもご利用していただく常連さんも少なくありません。

週末になると、今度はファミリーのお客さまが大変多くなります。そのため、お子さまメニューも作りました。とても人気でよく出ます。乳幼児連れのお客さまも多いですね。

おわりに

厨房内では至るところに北見タマネギが。スタッフの方は手際よく作業をされていました

仕事の合間のおひとりさまからファミリーまで、幅広く愛されているカレーのちからさん。店内には子ども用のイスも用意されており、家族連れでも安心して来店できます。筆者がお話を伺ったのは日曜日の開店直前。11時の開店と同時に、家族連れが待ってましたとばかりに続々と来店していたのが印象的でした。

厨房で見せていただいた炒めタマネギは、これがタマネギ!と驚くほど黒く濃縮されたもの。カレーを一口食べると、存分に引き出されたタマネギの甘みが口の中に広がります。

地元の人にも観光客にも愛されるカレー専門店として、「カレーのちから」は今後さらに広がっていくのはないでしょうか。

 ―カレーのちから(CURRY NO CHIKARA) 本店―
 住所:北海道北見市常盤町4-16-3 トキワビレッジ  
 TEL:0157-69-7878 
 営業時間: 11:00~20:30(ラストオーダー20:00) 

フォローして最新情報を受け取る

投稿者プロフィール

こなみじゅんライター
北海道在住ライター。いくつになっても3歳児の好奇心を手放せません。伝えたいことを伝えたい相手に届けるお手伝いをします。

・ホームページ作成……お客様のご予算とご要望に応えます

・SNS運用……facebookやTwitter等

・ブログの作成・運用……代筆いたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA