本の出版と聞くと、手間や経費がかかるイメージを持つ方も少なくないでしょう。また「そこまで売れるはずがないのに、なぜわざわざ出版を?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。

実は、販売数にかかわらず、会社を経営する社長が書籍を出版するメリットはたくさんあります。比較的手間や経費のかからない電子書籍の出版なら、誰でも気軽に本を出すことが可能です。電子書籍の出版を通じて、会社の広報戦略を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

電子書籍が読者へ届く仕組み

紙書籍の場合、客が書店に足を運び、気に入った本を購入するというスタイルが一般的です。多くの人の目に触れるためには、できるだけたくさんの書店に本を置いてもらう必要があり、そのためには経費をかけて発行部数を多く作る必要があります。

一方電子書籍なら、読者はネット上でいつでもどこでも本を購入して読むことができます。毎月定額で本を好きなだけ読める「読み放題サービス」を使えば、読者は毎月一定の金額を支払うだけで、好きな書籍を好きなだけダウンロードして読めるのも特徴です。

電子書籍特有の定額制の読み放題サービスによって、読者が書籍を購入するハードルは下がります。その結果、著者の知名度や書籍の評判、販売数などに左右されることなく、本を購入する人が増えるかもしれません。

従来の紙書籍では読まれにくいニッチな書籍も、電子書籍なら人の目に触れやすくなるのです。

社長の個人名義で電子書籍を出版するメリット

カップ, コーヒー, 室内, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明
Pixabay

会社と社長個人の認知向上

電子書籍を出版する一番大きなメリットは、なんといっても社会的認知度が向上することにあります。

総務省・経済産業省が実施した「平成28年経済センサス‐活動調査(確報)」によると、日本には約385万もの企業があります。これだけたくさんの企業が、独自の事業を通じ、私たちの暮らしに役立つものやサービスを作り出しているのですが、私たちはそのすべての企業の事業内容を知っているわけではありません。

電子書籍を通じて自社の事業をアピールすることができれば、企業活動とは縁のない人たちにも会社を知ってもらったり、興味を持ってもらったりすることが可能になります。認知度の向上は事業拡大や人材確保にも役立ちます。社長個人の名義で電子書籍を出版すれば、社員や入社希望者に、社長の人となりを知ってもらい、親近感を持ってもらうことも可能でしょう。

その分野で力のある人として認められる可能性

特定の分野での企業間のパワーバランスは、マーケットシェアなどを用いて測ることもできますが、すべての分野でマーケットシェアを明確化することはできません。

電子書籍を出版している企業経営者はまだそれほど多くありません。競合他社が出版する前に電子書籍を出版すれば、その分野で力や発言力のある特別な存在として認知される可能性もあります。本を出版している社長ということで、社会的信頼度も上がります。

講演依頼が舞い込むことも

会社や社長自身の認知度が向上し、その分野のエキスパートとして認められれば、思いもよらないような依頼が舞い込むことも考えられます。

例えば講演会もその一つです。電子書籍を読んだ読者が、その本に感銘を受ければ「自分の仲間にも伝えたい」と考えるのは自然な流れです。

書籍の内容はどうする?何をネタにしたらいい?

会社の沿革や創業ストーリー

誰がどのような経緯で会社を創業し、どんな志を持って事業を作り上げたのか。そういった創業時のストーリーや会社の歴史は、経営者ならではの特色のあるネタとなります。創業時の苦労話や失敗談などは、これから起業したいと考える人にとってはまさに宝の山です。

電子書籍出版サービスの中には、デジタルでの書籍出版後、データを印刷して簡単な紙書籍を作ってくれるサービスを提供している会社もあります。創業ストーリーや会社の歴史についての冊子なら、社史としても利用できます。リクルート時の会社紹介パンフレットや、記念イベントでの渉外用冊子としても活用できます。

自社の製品・サービスに関する分野に特化した本

特徴的な製品やサービスを主役にした本も面白いでしょう。製品の開発秘話なら、ものづくりに興味を持つ読者にアピールできます。自社サービスが社会でどのように使われ、貢献しているかということを、インタビュー形式でまとめるという方法もあります。

電子書籍の出版は、ふぉろかるへご相談ください

認知度の向上や社会的な信頼度のアップなど、会社の経営者が電子書籍を出版するメリットはたくさんあります。ふぉろかるなら、本の企画から電子書籍の出版、出版時の広報まで、一連の業務を徹底的にお手伝いいたします。まずはご相談ください。

ふぉろかるの電子書籍出版サービス


フォローして最新情報を受け取る

投稿者プロフィール

安松まゆはライター
横浜在住。子育てと仕事の両立に悩んだ末、フリーランスのライターに転身した二児の母。大変・辛いと思っていた日々の育児・家事は、ライター目線で見るとネタの宝庫!?「子育ても仕事も自分らしくマイペースで」がモットーです。コラム執筆、取材、コピーライティングなどが得意です。

・ホームページ作成……お客様のご予算とご要望に応えます

・SNS運用……facebookやTwitter等

・ブログの作成・運用……代筆いたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA