「ホームページやブログを立ち上げたものの、何を発信すれば良いのかわからない。」

そんなお悩みはありませんか?

一般的に、ホームページやブログで発信する内容は、読者に役立つ情報がよいといわれます。しかし、役立つ情報ってそもそもどのような情報なのでしょうか。目に見えない読者が何を知りたがっているのかを、一体どうやって掘り起こせばよいのでしょう。

そこで今回は、役立つ情報とは何か、さらに役立つ情報はどのように探せばよいのか解説します。

役立つ情報とは何か

どのような情報が役に立つのかは、読者によって異なります。まずは、ホームページやブログをだれに向けて発信するのかを考え、ターゲットとなる読者を明確にさせることが大切です。読者像が見えてきたら、以下の三つのポイントについて考えてみましょう。

読者の悩みを解決する

「こんなときはどうしたらよいだろうか」といった悩みの解決策を探して、あなたのサイトを訪れる読者もいるでしょう。あなたの会社の商品やサービスが解決できるであろう悩みを想定し、丁寧に一つずつ回答していきましょう。商品やサービスの購買層に直接的にアプローチできる情報です。

読者に共感する

はっきりした悩みはなくても、何らかの不安やストレスを抱えている読者が、共感を求めてインターネットサーフィンをする場合もあります。そういった読者の気持ちに寄り添う記事を書くと、読者がサイトに親近感を持ち、ファンや支持層になってくれる可能性があります。これは特にブログに多い手法です。

読者に信頼してもらう

ホームページでもブログでも、だれがどういう目的で作ったサイトなのかということを示すための自己紹介は大切です。自分たちの提供している商品者サービス、企業理念などを紹介しましょう。

他社との違いや自社の強みといった情報も重要です。

企業のホームページなら、商品やサービスの具体的な内容紹介に加えて、経営理念や社員紹介などもしっかりと書きましょう。インターネットを通じて誰でも簡単に情報発信できる時代だからこそ、サイトの実態を具体的に表示することが信頼に繋がります。これも役立つ情報です。

読者の知りたい情報をどう掘り起こす?

読者にとって役に立つ情報が見えてきた後、具体的なネタ選びで悩んでしまう方もいるでしょう。そんなときに役に立つ手法を3つご紹介します。

検索需要を調べる

検索エンジンのグーグルが提供する「サーチコンソール」を使うと、実際に読者がグーグルでどんなキーワードを打ち込んで自分たちのサイトにたどり着いているかを調べることができます。

検索需要がわかれば、検索数の多いキーワードから、読者がどんな情報を求めているのか考え、記事を構成することができます。

また、グーグルが提供する「キーワードプランナー」を使うことで、自分たちの商品名やサービス内容に関連性の高い言葉の中から、一般的にはどんなキーワードがよく検索されているのかということを調べることもできます。

検索需要の多いキーワードを使って記事を構成していけば、新たな集客の可能性も広がります。

SNSでの反応

企業のホームページやブログの他に、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックといったSNSを使っている場合、SNSでの反応をヒントにしてコンテンツを作ることもできます。

特に反応の良かった投稿は、それだけ読者の関心が高いトピックということです。それらのトピックを掘り下げて記事にしてみましょう。

リアルユーザーからの声(FAQ)

顔の見えるお客さんからの質問や意見を題材にして記事を書いてみるという方法もあります。一人が知りたがっている情報は、他の人も同じように知りたがっている可能性があります。こういった実体験でのエピソードを紹介することによって、サイト自体の信ぴょう性が増し、読み応えのある記事になるというのもメリットです。

定期的な更新が難しい場合には

役立つ情報は、一度掲載すればそれで完成というわけにはいきません。企業が日々成長しているように、サイトを訪れる読者も変化します。読者の変化によって、役立つ情報自体も常に変わり続けています。定期的にそれらの情報を更新し、サイトをアップデートしていくことが大切です。

ふぉろかるは全国各地に居住するプロのライター集団です。お客様にとって役立つ情報とは何かということを熟知したスタッフが、あなたのサイト作りのお手伝いをいたします。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

    フォローして最新情報を受け取る

    投稿者プロフィール

    安松まゆはライター
    横浜在住。子育てと仕事の両立に悩んだ末、フリーランスのライターに転身した二児の母。大変・辛いと思っていた日々の育児・家事は、ライター目線で見るとネタの宝庫!?「子育ても仕事も自分らしくマイペースで」がモットーです。コラム執筆、取材、コピーライティングなどが得意です。

    ・ホームページ作成……お客様のご予算とご要望に応えます

    ・SNS運用……facebookやTwitter等

    ・ブログの作成・運用……代筆いたします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA