津別フードホール会場外の様子
さんさん館の中庭にイベントポスターとまったく同じデザインのテントが!

2019年2月23日(土)・24日(日)の2日間に渡って行われた、津別町初のイベントフードホールに編集長・高橋が潜入してまいりました!

食べまくり・驚きまくりの2日間の様子を、写真たっぷりでお伝えいたします。

さんさん館(津別町多目的活動センター)

23日夜、さんさん館はかつてない熱気に包まれた

フードホールの会場となったのは、津別町民の憩いの場であるさんさん館。通常はカフェ営業もしており、ソフトクリームなどを販売しています。

イルミネーションで彩られたさんさん館外観

元津別町民である筆者は、普段の様子と異なるさんさん館の雰囲気にびっくり。中に入ると……。

フードホールに訪れた人たち

白いファブリックと木材で作られた、明るく洗練されたデザインのブースが並んでいます。「津別でこんなにおしゃれなイベントが開催されるなんて!」という声も聞こえてきました。

ここだけ海外のマルシェのような空間になっていたのです。

双子の桜ピクルス


みんな大好き、野菜直売のお店 L・teやさいCafe(柏葉農場)さんの双子の桜ピクルス。桜の花びらの形をしたピンク色の大根ピクルスです。

幾島珈琲研究所のブース

津別町が誇る自家焙煎のコーヒー豆店、幾島珈琲研究所さんの手入れ珈琲。

クマヤキサブレのブースを飾り付けるスタッフ

フードホールで初お披露目されたクマヤキサブレ

流氷牛カツカレーの提供準備を行う西洋軒マスター

豚丼で有名な西洋軒さんはなんと、流氷牛を使った流氷牛カツカレー。

クレシェの看板

津別産小麦を使用した絶品パンで、町外にも多くのファンを持つクレシェさんは、ザクザクビーフカレーパンを提供!

歩いて数分、どこに向かってもおいしそうなフードが並び、とにかく興奮が止まりません。オープン直後からあふれる人、人、人。

フードホールのチケット

フードホールのお買い物は、チケット制となっていました。

各店舗の黒板に、フードの購入に必要なチケットの枚数が書かれています。こちらのかわいらしいチケットを必要なだけ事前に購入し、各店舗に並びます。

津別まちづくり会社のブース

まずはお酒を飲もう!と津別まちづくり会社さんのブースを覗くと、ワインとクラフトビールの種類が豊富なことに驚きます。私は普通の赤ワインをセレクト。

津別まちづくり会社のチーズ3種
津別産搾りたて牛乳のチーズ!

さらにチーズの3種盛りをゲット。バーナーであぶったみたらし風チーズとワインがこれまた合う……!

流氷牛カツカレー(西洋軒)

こちらが先ほどの西洋軒さんの流氷牛カツカレー。サクサクの牛カツに、やさしいカレーが絶妙にマッチ。

流氷牛とキタアカリのグラタン(パルマンティエ)

大阪ミシュランシェフによる、流氷牛とキタアカリのグラタン(パルマンティエ)。揚げたキタアカリの下にはとろん、と滑らかなグラタンが。

クレシェのザクザクビーフカレーパン

ザクザクビーフカレーパン。サクサクを超越したザクザク食感がここに!カレーのフィリングも◎。

羽前屋のぜんざい(北見)

初日の〆は、北見の羽前屋さんのぜんざいで。冷えた体にあたたかいあずきが染み渡ります。甘さ強めで道産子のハートを射抜くぜんざいでした。

24日のさんさん館には前日を超える人だかりが!

2日目のフードホールには町内外から多くの人が訪れ、さらに熱気を増していました。

シェフと列をなす客
ミシュランシェフの料理を心待ちにしている人々の列が。

みなさんのお目当ては、北海道と大阪、それぞれのミシュランシェフが振る舞うフレンチのようで、ご覧の通りオープン直後から人だかりができています。

チミケップホテル:流氷牛とカボチャムース、玉ねぎのサブレ
流氷牛とカボチャムース、玉ねぎのサブレ 。滑らかなムースに柔らかな流氷牛。サクサク・ジューシー・とろける! 新食感。
コーヒーゼリーとホワイトチョコチーズムース、ブルーベリーのグラニテ

コーヒーゼリーとホワイトチョコチーズムース、ブルーベリーのグラニテ 。津別峠の雲海をイメージしているのでしょうか。お椀の中にはスモークが立ち込めています。

チミケップホテルの渡辺シェフは、「流氷牛とカボチャムース、玉ねぎのサブレ」「コーヒーゼリーとホワイトチョコチーズムース、ブルーベリーのグラニテ」で来場者を魅了。

流氷牛とフォアグラのロッシーニをオムレツに(トリュフソースがけ)
ゴロゴロの流氷牛ととろけるフォアグラにふわふわのオムレツ。

大阪「The Dining」は流氷牛とフォアグラのロッシーニをオムレツに(トリュフソースがけ)。一つひとつ丁寧に作られていくオムレツ。すべてが口の中で溶け合っていく感覚がたまりません。

川瀬牧場の流氷牛ヒレステーキバーガー

津別で知らない人はいない、川瀬牧場さん。

普段は土曜のみ営業のカフェ、川瀬牧場さんは、フードホールのために流氷牛ヒレステーキバーガーを販売。

ここまで肉が主役のバーガーは他にないでしょう……。

ヒレステーキがそのまま入っていました。豪華!

クマヤキサブレ
待ってました!クマヤキサブレ。

フードホールで初登場!あいおい道の駅で人気のクマヤキがサブレになりました。

かわいいお腹をひとくちパクリ。ほろほろさっくり、子どもから大人まで家族みんなで楽しめるおいしさです。

ホエイカクテル
チーズの副産物であるホエイで作られたイチゴのノンアルコールカクテル。

こちらも津別まちづくり会社さんのホエイカクテル。栄養たっぷり、チーズの副産物のホエイを使った、ヘルシーなノンアルコールカクテルです。

クマヤキのブース
大人気のクマヤキも

いわずと知れたクマヤキはここでも大フィーバー。2日目はほぼ途切れることなく、焼きたてのクマヤキを待ちわびる人の列ができていました。

来てみてわかった!フードホールの魅力

初めてのイベントということもあり、実際に体験するまでは「どんなイベントでどうやって楽しめばいいんだろう?」と少し不安な気持ちもありました。

今後、津別フードホールへ参加しよう!と考えている方のために、このイベントの魅力をご紹介します。

とってもエコなイベント!

津別フードホールでは、基本的に使い捨て容器を使いません。環境に配慮したエコなイベントとして、ゴミを排出しない取り組みを行っています。食器は陶器製、飲料の提供もグラスを利用していました。

また会場内にはゴミ箱がありません。これもゴミを極力減らすための取り組みです。

地産地消、さらにエコな取り組みを行っているのは、このイベントを末永く継続していくためでもあります。地球環境に配慮したサステナブルなイベントとして、これからも多くの人に長く愛されるのではないでしょうか。

食べ物でつながる”ありがとう”

ドライフラワー

原材料となる野菜や牛肉を生産している人、それを調理する人、そしておいしく食べる人。

食にかかわる人々が一堂に会す。これは地産地消フードホールだからこそみられる光景です。

いつも新鮮な野菜をありがとう。毎日牛のお世話をありがとう。野菜やお肉をきれいにおいしく料理してくれてありがとう。食べてくれてありがとう。

この空間は、たくさんの”ありがとう”に包まれていました。

津別のみなさんのあたたかさがギュッと詰まっている

フードホールの様子

フードを購入するために並んでいる間、フードを食べている間、お酒を飲んでいる間、周囲からは「たのしいね」「おいしいね」「すごいね」と、ポジティブな言葉がどんどん聞こえてきます。

長時間並んでいてもゆずりあいの精神でみなさん気を使いあい、さんさん館の中はやさしい空気に包まれていました。これは何度でも足を運びたくなります!

2回目以降のフードホールも要チェック!

フードホールは単発のイベントではありません。今後も津別で行われます。

次回開催は、農産物が豊富な9月(予定)。食材の調達地域をオホーツク全域に広げる予定なのだそう。徐々に秋に移り行くオホーツクは、景色も素晴らしく、観光にもおすすめのシーズンです。

食欲の秋のお腹を満たす、エコな地産地消フードホールへ、ぜひ足を運んでみてください。

2回目以降のフードホールに備えて、特典いっぱいの津別ファンクラブに入会してみませんか?

フードホールでポイントを貯めると景品が当たります。さらに、会場付近の飲食店でも会員特典が受けられる予定です。

津別町が始めた新たなイベント、今後も要チェックです!

お問い合わせ:北海道つべつまちづくり株式会社

住所:津別町字幸町12番地

e-mail:info@tsubetsu.jp

https://www.tsubetsu.jp/index.html

関連記事

フォローして最新情報を受け取る

投稿者プロフィール

高橋みゆきふぉろかる代表
ふぉろかる編集長。頑張る人や企業を応援したいという気持ちから、ふぉろかるを立ち上げました。北海道北見市で「地域の宝」を探し中。

・ホームページ作成……お客様のご予算とご要望に応えます

・SNS運用……facebookやTwitter等

・ブログの作成・運用……代筆いたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA